SunsetLine

New Camera!

先日、何本かのズームレンズをドナドナして手に入れたもの。
それは‥



e0264158_1551254.jpg


EPSON R-D1x。
2004年に発売されたEPSONの世界初デジタルレンジファインダーカメラR-D1の2回目のマイナーチェンジ版です。2009年に発売されました。

以前は使いづらいと思っていたX-PRO1のOVFをもう一度カメラ屋さんで触れる機会があり、その意味を確認。ああ~なるほどと思いました。これでマニュアルフォーカス出来たらなんと面白いことだろう、と。
それからレンジファインダーを色々と検索。
しかし、現在デジタルレンジファインダーカメラはライカとEPSONのみ。ライカは思い立った勢いで手にできる代物ではありません。R-D1xも元値は相当高価なのですが、アウトレット品が格安ででており、今回それをロックオン。ドナドナしたレンズとのトレードとなった次第です。
e0264158_1553285.jpg


このR-D1x。語り尽くされた感はありますが、APS-Cサイズの今時600万画素(!)のCCD。先日手に入れたD40と同じ画素数が現行販売なのです。これはD40を喜んで使わせてもらっている僕には無問題。嬉しいのはローパスフィルターが非常に薄くチューニングされているということです

レンジファインダーカメラを手にするのは初めてで、カメラとレンズが揃ったところで練習開始。
このカメラブライトフレームの表示は28mm、35mm、50mmとありますが、APC-Sサイズの撮影素子のため換算で42mm、52mm、75mmとなります。できればもう一段広角域がほしいところですが、ここはしかたのないところ。
レンズは色々と考えた末にフォクトレンダー ウルトロン 28mm F2.0を選択(換算42mm)。X-E1では35mmF1.4(換算52mm)を使っており2台を普段持ち歩くことを想定し、画角を変えてみました。
e0264158_16113227.jpg


まだほとんど写真が撮れてませんが、ちょっとアップ。

e0264158_15561115.jpg


e0264158_15563151.jpg


メガネ着用者ということもあってファインダーのブライトフレームがケラレてしまう部分がありますが、これは後日視度補正をしてみようかな、と思います。
レンズはしばらくこれ1本で行ってみようと思いますが、いつまで我慢できるやら(軍資金はないのですが‥)。

これからメインをこのR-D1xとFuji X-E1にしてどんどんスナップを撮るつもり。X-E1のマウントアダプターもいつか揃えたいところです。


↓もしよろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ レンジファインダーカメラへ
にほんブログ村
# by azukiyarou | 2013-02-16 16:06 | EPSON R-D1x(past) | Comments(0)

とある決意。

Fuji X-E1を購入して日々使っていくうちに感じたこと。
機材の軽さのありがたさ、基本はデジタルでありながらもダイヤルやリングを回して設定するアナログのわかりやすさ。
e0264158_21421261.jpg


ときにはピントをマニュアルで合わせてみたり。
e0264158_2145283.jpg


毎日持ち歩いて撮るいつもの光景。
e0264158_21493437.jpg


e0264158_21555596.jpg


e0264158_21541335.jpg


たしかに連射は向いていないしAFの合焦は遅いなど多々欠点はあるものの、持ち歩いて撮ることに関してはすごく心地のいいカメラ。
上の城跡の写真はズームを使ったものの、普段はXF35mmF1.4で固定。
単焦点固定にしてから画角の設定をズームでしなくなった分、より気軽にスナップするようになった気がします。こうなればマニュアルフォーカスでパンフォーカス気味にしてどんどんシャッターを切っていくといった撮り方も面白いかなと考えるように。
X-PRO1についているOVFへの切り替えはこんな用途だと気持ちよく使えそうだな。そんな風に思えています。


とりあえずなんでも撮れるように、そう思って揃えたデジタル一眼レフの大口径ズーム。
その重さに最近はすっかり持ち出さなくなっていました。

そして先日、何本かのズームを売却しました。今手元にあるのはNikon16-35mm、60mmマクロ、35mmDXの3本。D700に16-35mm、D40に60mmマクロ、D3100に35mmDXの一台一レンズ。

売却したのはFujiを含めた新しいシステムに移行しようと思ったからです。

次回、この度購入したnew comerを紹介しようと思います。

↓もしよろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ レンジファインダーカメラへ
にほんブログ村
# by azukiyarou | 2013-02-14 22:31 | Fuji X-E1 | Comments(0)

子猫の成長。

12月2日にウチに来た子猫のクリス。
1ヶ月半が経った訳ですが、子猫の成長は思っていた以上に早く、あれよあれよという間に大きくなっています。
e0264158_21573363.jpg


当初は登ってこなかった螺旋階段もおっかなビックリ登るようになり、今は駆け足ですっ飛ばしてきます。
e0264158_2155331.jpg


甘えん坊ではあるのですが、ちょっと抱っこ嫌い。
e0264158_2247182.jpg


抱えると15秒程度でジタバタ。でもほうっておくと足元に来て遊べ~と主張します。
e0264158_2245501.jpg


e0264158_22484949.jpg


動きがあるのでX-E1は当初難しく、D40+60mmマクロの軽快コンビで撮影していましたが、最近は慣れてきたのもあるのか目の前で寝落ちするようになり、X-E1でも撮影できるように。

上の写真は全てD40+60mmマクロですが、下の写真はX-E1、35mm F1.4で。
e0264158_2254297.jpg


ネコがいる生活は思っていた以上に心が和み、癒される毎日です(^^)。
# by azukiyarou | 2013-01-21 22:59 | 写真日記 | Comments(0)

2013年のスタート

もう1週間経ってしまいましたが、2013年がスタートしました。
2012年は4月にNikon D700を購入して以来、Tamronを中心に大口径ズームを揃え、尚且つD40追加。果てにはFuji X-E1を追加するといったカメラどっぷりの一年でした。
機材は揃えたものの、肝心の腕が全然伴っていないのが大変残念なところです‥。
今年は機材揃えは一旦減速。しっかりと技術向上を目指して、なるべくシャッターを切る機会を多くして行きたいと思っています。

この年始は色々出かけたりしたのですが、カメラはほとんどX-E1一択の状態でした。

初詣をした地元の神社にて。
e0264158_23394356.jpg


これは長門市千畳敷にて。
e0264158_23343860.jpg

ランチはカントリーキッチンで。
e0264158_23361196.jpg


e0264158_23363378.jpg


相方の実家のある熊本にお邪魔した際に寄った阿蘇もX-E1で撮りました。
e0264158_23452312.jpg


e0264158_23422176.jpg


e0264158_23434073.jpg

草千里~阿蘇火口部にはうっすら冠雪がありました。


ローパスフィルターレスセンサーの効果なのか、レンズの特徴なのか、Nikonの一眼で撮った写真に比べてX-E1で撮った写真はなんだか繊細にエッジが立っているというか、画によってはとても懐かしい感じがしたりします。
この感覚はなんだろう‥ と考えてみたら、フィルムから現像した写真を見たときの感じだったのでは、と。
ブラケット機能は使っていますが、RAW撮影はしておらず、JPEGオンリー。この後調整を考えない撮り方もフィルムカメラで撮影する感じに近いのでは、なんて思ったりしています。
# by azukiyarou | 2013-01-08 00:12 | Fuji X-E1 | Comments(0)

Fuji X-E1の高感度画質。

Fuji X-E1で色々なスナップを撮り始めていますが、この時期になると仕事からの帰宅時は、どんなに早くても日没後になり、高感度撮影が多くなります。

これはISO800 ベルビア
e0264158_2211462.jpg


これはISO1600 アスティア
e0264158_221356100.jpg


これはISO3200 ベルビア
e0264158_22161389.jpg


全てJPEG撮って出しですが、驚くぐらいにノイズが少なく、解像感もしっかりしているように思います。
フルサイズのD700よりもノイズレスだと思います。
おそるべしX-E1。

e0264158_22202338.jpg

ISO1600 アスティア

もちろん暗所AFは弱いのですが薄暮~夜景撮影で気づいたのが、EVFの利点です。
暗い場所ではゲインアップされるので被写体が見易いんですよね。ファインダー内がややノイジーにはなるのですが、見えるのと見えないのでは大違いです。

それにしても、軽いのは絶対的によいところ。今やD40とこのX-E1が外出撮影のメイン機となっています。
# by azukiyarou | 2012-12-21 22:29 | Fuji X-E1 | Comments(0)